知っておきたい起業と創業の違い

起業とは

これからビジネスを始めようと思っている、これから起業を考えていると言うように、起業という言葉はこれから先の未来に対して説明する時に使われる言葉です。

起業と聞くと、ベンチャー企業の立ち上げをする意味と受け止める人も多いかもしれません。
ベンチャー企業の起業にのみ当てはまる言葉ではないのですが、一般的なイメージとしては強い感じではあります。

ここ最近の感覚では、これからスタートする、新しいビジネスをスタートする目標を実行に移す時に使われることが多いことから新たなチャレンジをするというニュアンスとして使われたり受け止められる言葉です。

会社を設立してもしなくても新しくビジネスを始めるスタートラインを起業と表現します。

創業とは

創業も起業と同じように新しくビジネスを始める時に使います。
会社としてきちんと法人登記をしていないと創業という言葉は当てはまらないと勘違いしている人もいるのですが、どんな事業形態であっても使用しても大丈夫です。
ビジネスをスタートしましたという事実があれば創業したという事になります。

起業と同じような感覚の言葉ですがニュアンスとして違うのは、創業の場合は事実としてある点です。
起業の場合は未来の事で予定や希望も含みましたが、創業の場合はビジネスとしてスターとしているという事実があるので過去を指す言葉となります。

もうすぐ起業しますと言う使い方は合っていますが、もうすぐ創業しますと言う使い方はしません。
ちょっとした違いかもしれませんが知らないで使うと信頼を失ってしまう事もあるかもしれません。


この記事をシェアする