起業と創業の微妙な違いについて知る

起業と創業の違いを知っていた方が良い訳

この言葉の違いを知らなかったとしても起業や創業が出来ない訳ではありません。
ほぼ同じ意味ではあるのでどちらを使っても誤りではないと説明しているサイトも多くそこまで気にするようなことではないのかもしれません。

ただ、実際にビジネスを始めるとなると起業や創業という言葉を使う機会は増えてくるはずです。
曖昧なままその言葉を使って書類やホームページを作成するのは不安要素にもなります。

微妙な違いや一般的にどんな風に受け止められているかを知っておくと、相手に間違えて伝わってしまったり誤解を避けて分かりやすく伝える事が出来ます。
知っておいて損をすることはないので知識として頭に入れておくと何かの時に役に立つはずですね。

創業とその他に似た言葉

普段は何気なく耳にしている言葉で、意味も何となく分かるので深く考えはしなかったけど、いざ自分が発信する立場になったら自分は正しく使えてるんだろうか心配になる事があるかもしれません。

起業と創業以外にも同じようにビジネスを始める際の表現として開業や独立という言葉も使われています。

開業は飲食店や販売業、治療院など地域密着型の店舗ををオープンする際に使われている事が多いです。
独立というと元々勤めていた会社や業種からフリーになって働くという意味合いが強くなります。
独立開業と言葉をミックスしてフリーになって店舗をオープンする事を指したりもします。

一般的に開業も独立の場合は時系列は関係なく、起業は未来に対して創業は過去に対してと使い分けられています。


この記事をシェアする