起業という語の意味と岩松勇人にとっての起業・創業

起業という語が持つ流動性

起業という語は現在進行形・未来形での使用が正しい用法であることから、最新鋭の技術と知識を最大限に生かした少数精鋭型の先鋭的事業形態を取るベンチャー企業や、新鋭性と流行性によって事業の急成長を促す新規事業の促成栽培とでも言うべきスタートアップと呼ばれる事業形態において用いられていることからも窺えるように、先進性の高い事業の起業に使われやすい傾向にあるようで、起業という語に先進性が見出されているようです。

何を言いたいかというと、ビジネスにおいて起業という語は国語的な現在進行形や未来形のイメージによる影響を存分に受けており、先進性の高い企業の起業に際して使われることが多いことから、創業と比べると語の持つ意味が増えやすいという事に尽きます。

岩松勇人にとっての起業と創業

経営の一環としてコンサルティングなどの形で起業・創業を扱う経営者の一人である、岩松勇人の起業や創業におけるスタンスをベースに、氏にとっての起業と創業の違いを理解し、経営者ごとの起業・創業へのスタンスの違いを知るための参考としてみましょう。

氏が掲げる起業・創業のスタンスは効率を重視したもので、現状の経営形態からはスタートアップが氏の要件を満たしやすい事業形態であることが推測できます。

氏の起業・創業に対するスタンスは一貫していることから、スタートアップを主軸としたコンサルティング形態を鑑みて、氏にとって新規事業立ち上げは起業の意味合いが強く、創業的な意味合いを含んでの新規事業の立ち上げは重視していないことが分かるのです。


この記事をシェアする