岩松勇人氏が解説する「創業」と同氏の「起業と創業」の捉え方

岩松勇人氏が解説する「創業」について

先ほどの国語辞典の「起業」と「創業」の解説を思い出してほしいのですが、「起業」とは、「新しく事業を起こすこと」で、「創業」とは、「仕事を始めること。事業を新しく起こすこと」でした。

ただこのように説明を聞いても、その違いがよく分からないというのが、正直な感想だと思います。実は、岩松勇人氏もこの「起業」と「創業」について、起業初心者に関しては、「起業」と「創業」の違いを意識する必要はないと考えています。

その理由としては、上記のように、言葉の意味合いとしても、「起業」と「創業」は同じようなものである、と捉えているからです。

よって、岩松勇人氏が解説する「創業」とは、「起業」との違いはそれほどなく、単なる言葉のニュアンスの違いとして理解している、と言えるでしょう。

岩松勇人氏の起業と創業のまとめ

いかがですか?ここまでで、岩松勇人氏の解説する「起業」と「創業」の違いをご理解いただけたと思いますが、とても大切なことなので、ここでまとめて岩松勇人氏が解説する「起業」と「創業」の違いについてお伝えします。

まず岩松勇人氏は、「起業」と「創業」は言葉のニュアンスの違いだけで、「起業」か、あるいは、「創業」なのかをそれほど意識する必要はないと考えています。

ただ、「起業」や「創業」をする際に大切なこととして、「基本的な段取りを踏んで、物事を進めていくこと」を挙げています。

その基本的な段取りを踏まえてから、利用するネットショップやネットオークションのサイトのユーザーの購入傾向を分析します。

そのうえで、計画的に販売を行い、売れるものだけを確実に売る、というのが岩松氏の考える「起業」及び「創業」なのです。


この記事をシェアする